専門職、専任職実践研修

組織と個人に創造的活力を生み出す

専門職・専任職実践研修

組織のフラット化、多様化が進むにつれて専門職・専任職も増加する傾向にあります。専門職や専任職は単なる管理職の予備軍ではありません。管理職と対等の立場で役割を果たすことが期待されます。

専門職・専任職に任命されたら、管理職との違いを明らかにしスペシャリスト、エキスパートとしての立場、役割を認識し、専門職・専任職としての必要な能力や自己管理の技術を身につけていかなければなりません。

本研修ではこれからの専門職・専任職のあるべき姿を明らかにし、役割を果たすために必要なセルフマネジメント力や専門能力の強化を図っていきます。

対象

  • 新しく専門職・専任職に任命された方々
  • 既任の専門職・専任職の方々(係長職以上の方々)

期間

2日間(通学、合宿)

講師派遣料

  • 25万円/1日 (消費税別)
  • 旅費交通費・宿泊費実費

ねらい

  • これからの専門職・専任職への期待と果たすべき役割を明らかにします。
  • 専門職・専任職が直面する問題を解明し、進むべき行動基準を明らかにします。
  • 専門職に必要なセルフマネジメント力や自己管理力ならびに専門能力の強化を図ります。

研修の特色

  • 複線型人事制度における専門職・専任職の方々に共通した内容になっています。
  • 意識改革と行動変革に重点を置いた実践的なプログラムです。
  • 特定の専門能力の向上ではなく、専門職・専任職としての必須の能力に焦点をあてています。

研修のスケジュール

第一日 第二日
オリエンテーション (研修の目的・参加心得) 専門・専任職のセルフマネジメント (講義・自己分析) 9
専門・専任職に期待される役割 (講義)
10
11
グループ間の相互紹介
昼休 昼休 12
専門・専任職の行動基準の明確化 (理解促進討議法) 柔軟性の強化 (演習) 13
14
自己啓発目標の設定の相互検討 15
事例から学ぶこれからの専門・専任職 (事例研究)
まとめ 16
17
18