主任実践研修

次期リーダーとして多様な専門能力を駆使して組織に貢献する

主任実践研修

監督者やリーダーに任命された時に始めて与えられる肩書きが主任や副主任であるといってもよいでしょう。主任や副主任は特定領域の職務遂行の責任者である共にまた次期リーダーとしての役割を担っています。また特定領域の専門職としての役割も果たさなければなりません。

本研修では実務担当者である主任、副主任の立場、役割を理解すると共に職務遂行に必要な基本的技術やコミュニケーション等の技術を習得していきます。

対象

主任、副主任、開発部門の研究員などの方々。

期間

2日間(通学、合宿)

講師派遣料

  • 20万円/1日 (消費税別)
  • 旅費交通費・宿泊費実費

ねらい

  • 主任(副主任)としての立場、役割を明確につかむと共に組織からの期待を明らかにします。
  • スタッフ職、専門職としての基本行動を身につけます。
  • 主任としての役割を果たすために必要な職務遂行上の能力と技術の強化を図ります。
  • 次期リーダーとしての能力強化と啓発方向を明らかにします。

研修の特色

  • 初めての役職についた時の自覚を高め、自己啓発の動機づけを行います。
  • 特定の専門能力ではなく、スタッフに共通で必要な能力の強化に焦点をあてます。
  • 事例研究、理解促進討議法、相互分析等バラエティに富んだ手法を組み込み、学習しやすい流れで展開します。

研修のスケジュール

第一日 第二日
オリエンテーション (研修の目的・参加心得) 企画力と問題解決力の強化 (講義・事例研究) 9
主任に期待される役割と期待 (講義)
10
11
職場状況の相互情報交換
昼休 昼休 12
事例から学ぶ主任の期待行動 (理解促進討議法) 対人影響力の強化 (コミュニケーションと プレゼンテーションの技術) (ロールプレイング) 13
14
15
目標設定と自己統制 (セルフマネジメント) (演習)
対人影響力の相互分析 16
まとめ 17
18