新任職員実践研修

ゲーム、体験学習方式による

新任職員実践研修

新任職員研修は早急に学生から社会人(行政職員)への意識変革を果たさなければなりません。 実務体験のない新任職員に対し基本的な考え方を理解させ、実務の状況を把握させるためには、講義だけではなく、ゲームやロールプレイング等の間接経験技法を活用することが効果的です。

本研修では、ゲームならびに体験学習方式を通じて、新任職員に必要な組織や仕事に関する基本的考え方や態度、技術を体系的に学んでいただきます。

対象

行政体、法人に入職した大卒、高卒、初任職員の方々

期間

2日間(通学、合宿)

講師派遣料

  • 15万円/1日 (消費税別)
  • 旅費交通費・宿泊費実費

ねらい

  • 新入職員としての自覚を高め、「学生」から「社会人(行政職員)」への意識変革を図ります。
  • 組織、職場、仕事との関わりを理解し、間接的に会社の実態をつかみます。
  • 職場のエチケット、電話、Eメールの応対等の実務に必要な基本的技術を身につけます。

研修の特色

  • 新入職員として最低限度必要な組織、職場、仕事に関する基本的な動機と職務遂行に必要な技術を身につけさせます。
  • 講義30%、ゲーム・体験学習方式70%の割合で構成し、「習うより慣れろ」で体験的に学んでいきます。
  • バラエティに富んだ研修技法を組み入れ、参画型、相互型で進めていきます。

研修のスケジュール

第一日 第二日
オリエンテーション (研修の目的・参加心得) 接客と顧客応対 (講義・演習) 9
行政体、法人に勤務する人としての 心構えと基本的行動 (講義)
10
電話応対 (ロールプレイング)
行動の自己分析 11
自己紹介とイメージ変換ゲーム
昼休 昼休 12
職場のマナーとエチケットチェック確認 (講義) 職場の人間関係とチームワーク (ゲーム) 13
仕事の進め方 ゲーム 14
目標の設定行動と相互発表 15
まとめ
組織体の仕組みと部内活動 (ゲーム) 16
17
18